平成30年9月場所十四日目

宝富士 大きい相手だったんで思いっきり行ったんですがまさかの変化で食らってしまいました。
安美錦 同じ変化をされてそれをくらってるようじゃ駄目ですね。負け越しましたが明日勝って来場所につなげたいですね。
照強  今日で勝ち越すことが出来ました。安心せず明日もう一番絶対勝ちます!!
駿馬 2勝5敗 来場所はまた序二段から出直しですね。
輝富士 4勝3敗 三段目ではじめて勝ち越せたんで良かったです。
辰ノ富士 5勝2敗 今場所は調子よかったんで五勝もできてうれしいです。
聡ノ富士 5勝2敗 番付かなり下がってたんでまずまずの成績で何よりです。
照樹  3勝4敗 最後の一番で負け越しでした。来場所は序の口かなーー。
勇富士 5勝2敗 負け越したら序の口に落ちるところだったんで勝ち越せてよかったです。

3 thoughts on “平成30年9月場所十四日目

  • 2018年9月22日 at 9:55 PM
    Permalink

    宝富士関へ
    いや~ビックリしました!大きい力士がまさかの変化⁉
    宝関の意気込みが見られただけに、残念無念 (>_<)
    取りあえず幕内に残るためにも最後の一番、頑張ってください!

    照強関へ
    勝ち越しおめでとうございます!

    Reply
  • 2018年9月22日 at 10:24 PM
    Permalink

    照強関へ
    勝ち越しおめでとうございます。よかったです。でも、まだ明日気を引き締めてもう一勝頑張りましょう!応援してます!

    Reply
  • 2018年9月23日 at 9:53 AM
    Permalink

    こんにちわ。おはようございます。
    取組開始の10時まで時間が有るのでこれを書かせて貰っています。
    照強関、勝ち越しおめでとう御座います。土俵入りの時に赤地に金、〇に寿の
    化粧廻しでいらしたので、「おお、気合い入れてきたな、今日で決めるつもり
    だなっ。」と思い、その通りに勝てたので嬉しかったです。あの廻し、どなた
    から贈られたのでしょうか。NHKやアベマでは文字が小さかったり瞬時にしか
    映らなかったりで未だに読めません。いっそ、シークレットの方が験が良いの
    かな。
    安美錦関、宝富士関、残念でなりません。よく「変化も技の内」「変化は喰う
    方が悪い」といわれ、頭では分かっているのですが安美関を観ると二番続けて、
    十四日目で観ると安美関、宝関とやっぱり二番続けてで伊勢ヶ濱贔屓で観ると
    「なんだかなぁ」と気が悪いです。思わず協会の意見箱に「なんだかなぁ」と
    投書しちゃいました。
    さて、かように楽しませて頂いた九月場所も今日で楽日。寂しいです。でも
    あと一番在ります。気を入れて皆さんの応援をさせて頂こうと思います。
    では。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です