令和2年9月場所十日目

照ノ富士 差しにこだわり腰が上がりました、集中切らさず頑張ります。
照強 気合い入れて当たったのですが、、気合い入れ直します。
宝富士 なんとか勝てた相撲でした、前に出ないと。
翠富士 大きな相手でしたが前へ前へと取っていたので良い結果に繋がりました。
錦富士 一旦押し込まれましたが落ち着いてたので両差しで攻めることができました。

4 thoughts on “令和2年9月場所十日目

  • 2020年9月22日 at 10:53 PM
    Permalink

    照ノ富士関
    こんばんは。
    一日一番大切にして焦ることなく相手を見て前に前に出る相撲を心掛けて下さい。
    勝ち越し三役復帰を目指して千秋楽まで走り続けて下さい。
    明日も応援しています。

    Reply
  • 2020年9月23日 at 8:08 AM
    Permalink

    皆さま
    連休中、毎日リアタイ応援楽しめました。
    勝ってもそうでなくても、皆さまの熱戦、土俵にかける気持ちに、心が揺さぶられます。
    今朝はさらに涼しいですが、体調崩さず頑張って下さいね。

    照ノ富士関
    昨日は、悔しいですが、相手も伸び盛りで勢いある良いお相撲さんで、…でも悔しいです(笑)。
    ただ、同じ筆頭なのに、勝ったあとお相手がインタビュールームに呼ばれていて、照ノ富士関は「そういう立場のお相撲さん」なんだと、一人でほくそ笑んでました。
    いずれにせよ長い復活ロード、こんな日もあります!
    今日も一日一番、らしさ溢れる取組を楽しみにしていますよ。

    Reply
  • 2020年9月23日 at 8:48 AM
    Permalink

    おはようございます。昨日を反省してお相撲を待ってこれを打っています。
    若い衆の皆さんはとうとう六番相撲。既に決まっている方は兎も角、今日で
    勝越し負越しの決まる方が大半。どうか好い目が出ます様に。
    お関取の方々も。宝富士関以外は懸って来ましたね。勝越しは一日でも早く
    負越しは少しでも遅く出来得れば回避で。
    十両のお二人はもう大丈夫です。陥落は有りません。どうかノビノビと勝越しを。
    宝富士関いつもはやられている事を昨日は相手を変えてやり返しましたね。
    偶にはこういう勝ちも拾わないと。今日は番付の都合で上位との対戦、
    出来得れば照ノ富士関の援護射撃を。
    照強関。好い相撲で懐に入ったのですが。そこからが正代関巧かったですね。
    これも勉強ですね。来場所以降照強関がどんな工夫をして下さるか楽しみにします。
    星が苦しくなりましたが一番でも多く好い星を。
    照ノ富士関。お辛いでしょうに、ノーコメントとしたいところでしょうに、
    キチンとしたコメント、有難う御座います。関取は本当に見事に為った。
    こんな関取を応援できる自分を誇りに思います。それはそれとして先ずは一勝、
    三役、特に小結のお二人の様子を窺うとそれで関取の今場所の目標は達成出来そうです。
    そうなる様に祈っております。
    さあ、今日が始まります。
    今日も好い日でありますように。
    では。

    Reply
  • 2020年9月23日 at 1:32 PM
    Permalink

    照ノ富士関、
    昨日は勝ち越しインタビューを聞く予定が、相手力士の勝利インタビューを聞くことになり
    残念でした。照ノ富士関は横綱、大関の扱いなのですね。
    こういう日もあります。さっさと忘れて、一日一番、前日までの落ち着いた力強い相撲が
    とれることを祈っています。

    国技館には行けませんから、応援タオルをネットで注文しようとしましたが、照ノ富士関のは在庫切れでした。
    たくさんの方々が関取を応援しています。頑張ってください。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です