令和2年9月場所十三日目

照強 勝ちましたが、立ち合いもっと当たっていかないと、、
宝富士 当たり負けです、二連勝して何が何でも勝ち越したい。
翠富士 中途半端に右差してしまいました。
錦富士 悔しい、、土俵際まで詰め寄ったのに。
勇富士 2勝5敗 怪我無く終えたので良かったです。
澤ノ富士 1勝6敗 今場所は駄目でしたので稽古頑張って来場所は大勝ちしたいです。

6 thoughts on “令和2年9月場所十三日目

  • 2020年9月25日 at 8:31 PM
    Permalink

    照ノ富士関

    今日から休場との事、膝の状態が早く良くなりますようお祈りしています。
    応援しています。

    皆様、残り二日最善の力が出せるようテレビの前より応援しています。
    頑張れ、伊勢ヶ濱部屋!

    Reply
  • 2020年9月25日 at 8:38 PM
    Permalink

    照ノ富士関
    こんばんは。
    今場所も照ノ富士関のことですから膝の痛みに我慢強く耐え忍んでの出場だったのではと推察します。
    間違っていたらごめんなさい。
    今出来ることを考えて休場を決めたこと本当に良かったです。
    今日からは焦らず無理をせず膝の治療に専念して頂きたいと思います。
    頑張ってきた膝を少し休ませてあげて下さいね。お大事にして下さい。
    大相撲11月場所にはまた元気な照ノ富士関を拝見出来ることを願っております。
    まだまだいけます!相撲は取れます!
    応援しています!!

    Reply
  • 2020年9月25日 at 10:03 PM
    Permalink

    照ノ富士関
    今場所は上位総当たりで膝への負担もかなり厳しかったと察します。焦ることなく、ひと場所ひと場所です。いい相撲を沢山観せてくださり
    ありがとうございました。
    膝をお大事になさって11月にまた元気なお姿観せて下さい。
    部屋の皆様も怪我に気を付けてあと2日頑張って下さい。
    応援してます!

    Reply
  • 2020年9月26日 at 8:12 AM
    Permalink

    皆さま

    残り二日でお相撲が終わるのは寂しい…。でも、熱戦をありがとうございました。
    今日も皆さまが力を出しきれるよう、精一杯応援してますよ!

    照ノ富士関
    お身体心配でないと言ったら嘘になりますが、ちゃんと休むときは休むことができる、そんな決断が出来た冷静さと強さに、ホッとしてもいます。安心しました。

    しっかりと休んで整えてくださいね。次の土俵を楽しみに待ってますよ。

    Reply
  • 2020年9月26日 at 8:38 AM
    Permalink

    照ノ富士関

    休場、さぞかし無念だったと思います。
    でも、無理をせず決断なさって良かった。
    他の関取の休場には辛口だった北の富士さんも、照ノ富士関には理解を示しておられましたよ。
    しっかり休んで、11月にまた力強い相撲を見せてくださいね。

    今日は国技館で、部屋の皆様を応援します。

    Reply
  • 2020年9月26日 at 10:22 AM
    Permalink

    こんにちわ。今日もお相撲を待ってこれを打っています。
    澤ノ富士さん勇富士さんお疲れ様でした。来場所大勝ちできると好いですね。
    それを祈っています。
    昨日はコメントをしてヤフーニュースに戻ると照ノ富士関休場の一報。
    やがてABEMAで昨日の好取組を放映、照ノ富士関のも映り、じっくりみると両膝を強打。
    あれなら普通の人でも可成痛い。休場止むを得ず。得心しました。じっくりお治しを。
    直に澤ノ富士さんの。両目開かず。番付が上がりましたからね、また出直しを。
    勇富士さん。かなり粘った惜しかった。いや仰る通り怪我無くて良かったとしましょう。
    十両土俵入りを経て翠富士関。負けて残念も有りますがおみ足大丈夫でしたか。
    錦富士関。観ていて勝ったと思いました。思わず「アアーッ」ではなく「ア゛ア゛ーッ」
    自分でも吃驚する声が出ました。今日こそ。
    幕内土俵入り。この時部屋の皆さん本日全滅が心を過ぎりかなり暗くなっていました。
    宝富士関。むかし全盛期の横綱白鵬関を最初に倒した突進は見られず。あれから傷も
    負われ、大変でしょうけどあの頃の突進を思い出してほしいです。
    照強関。関取が破れたら懸念が本当になる。最後の砦。頼む。立った。相手の突き出して
    来る手を手繰った。いなした。後ろについた。送った。見事でした。ただ関取の仰る様に
    横綱日馬富士関だったら。多分手を潜って腹に頭から突き刺さる様に一撃、そのまま押し
    出していたでしょう。照強関もそういう相撲が取れる様に成ると、良いなっ。
    全般に今場所、部屋の皆さん、当たりや出足、あと一歩前に足を送る、そう言う「前に」
    に苦心していらっしゃる。浅学にして解らないのだけど出足はどういう稽古をすれば
    身に着くのかな。やっぱ申し合いとぶつかりかな。鉄砲柱に体当たりも効きそうだ。
    どんなもんなのかな。日馬富士関はあの突き刺さる出足、どうやって磨いていったんだ
    ろう。そんなことを思う一日でした。
    今日は好い日でありますように。
    では。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です