令和2年9月場所七日目

照ノ富士 集中できてます。おもい通りの内容でした。
照強 失敗しました、、気持ち切りかえ頑張ります。
宝富士 前に出ながら右上手いい形になれました。明日も頑張ります。
翠富士 良い相撲でした、前みつ早く取れました。
錦富士 振られましたが腰が終始下りてたので残せました。

3 thoughts on “令和2年9月場所七日目

  • 2020年9月20日 at 8:33 AM
    Permalink

    皆さま
    昨日は相撲を堪能しました!外出がなかなか思うように出来ないなか、連休中のお相撲は楽しい時間でかつ元気が出ます。
    今日も皆さまの良さあふれる取組を、楽しみにしていますよ!

    照ノ富士関
    どっしりとした落ち着き、そして技が光りましたね!
    おぉ!と声が出ちゃいました。嬉しいです。
    今日も一日一番、今の照ノ富士関の持ってるものを魅せてください。

    Reply
  • 2020年9月20日 at 9:56 AM
    Permalink

    おはようございます。颯太さんの仕切り八百ツ富士さん良ノ富士さんの一番を観ました。
    中日、若い衆の皆さんの四番相撲が終わります。部屋では後颯富士さん。颯富士さんは
    懸案の二番相撲難敵竹岡さんの三番相撲を凌ぎ此処まで好調。どうか此のまま。此のまま
    十三日目、千秋楽まで突っ走って下さい。
    お関取では。照強関が両目が開いたまま此処まで辛い成績。思うのだけど、大きな相手に
    小兵としての力士の意識足取り変化などの意識が強すぎるのでは。相手もそれを分かって
    いてうまく対応され過ぎているのでは。ここらで一丁、石浦関や炎鵬関には無い関取の
    もう一つの特徴、筋肉質を活かしてバーンと低く下から上に当たって行って大きい相手の
    下から両前褌を取って走る、そんな相撲も取られては。勿論潰される恐怖、一場所もたな
    いかもしれない、宝富士関や照ノ富士関との稽古で上手くいかないのが分かっている、
    などあるかもしれませんが余りにも今場所の関取を見ていると歯痒くて辛くて。。余計な
    事を言いました。参考になれば。ならなかったら馬鹿がほざいていると笑って過ごして
    下さい。
    もう中日。楽しい時はアッという間に過ぎていきます。一番一番が愛おしいです。
    裏方の皆さんも含め皆様の御蔭です。有難う御座います。今日も一日噛み締めます。
    今日も好い日でありますように。
    では。

    Reply
  • 2020年9月20日 at 1:25 PM
    Permalink

    皆さま、本日は中日ですね!

    錦富士〜翠富士の取組、本当に素晴らしかったです!!
    お二人がどんどん力をつけて来ている事を実感できる時間でした。

    後半戦も、皆さまのご活躍を全力で応援させていただきます!

    Reply

maki へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です