令和元年9月場所十四日目

宝富士 駄目ですね相手に合わせた相撲でした明日頑張ります
照強 押し切れませんでした千秋楽は白星で締めたいです
桜富士 後ろに回られたりバタバタした相撲でしたが勝って勝ち越し嬉しいです
御室岳 お陰様で今日の一番で勝ち越す事ができましたこれからも応援よろしくお願い致します
勇富士 今場所は1勝しかしてないので来場所は全部勝って優勝します
照道 お陰様で勝ち越す事ができました稽古に励んで来場所も勝ち越します
聡ノ富士 今場所も怪我無く無事終わりました来場所も頑張ります

2 thoughts on “令和元年9月場所十四日目

  • 2019年9月22日 at 8:43 AM
    Permalink

    おはようございます。
    若い衆の皆さんの勝越しの報を見るのは気持ちの良いモノです。
    いよいよ後一番。
    憂いの残らない今場所一番が出ると好いですね。
    誉富士さん、楯山親方になられて協会に、部屋に残られるそうでこれも嬉しい。
    安治川親方と共に心技体共に強い力士を育てて下さいね。
    では。

    Reply
  • 2019年9月22日 at 10:23 AM
    Permalink

    皆さま、14日目を頑張りましたね。
    今日は千秋楽、大相撲ファンも一番一番をいとおしく見守る日です。ご自分らしい相撲で締めくくって下さい。

    宝富士関、実力通りの素晴らしい成績ですね。
    照強関、前半戦で痛めながらも千秋楽までよく頑張ってくれました。しっかり治して下さいね。

    誉富士さん、長い間頑張りましたね。力強い押し相撲の数々と横綱土俵入りで登場する姿が印象に残ります。
    誉富士さんは良い指導者になるはずです。伊勢ヶ濱部屋を盛り立てていって下さい。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です